クリニックへ

昨日はクリニックの日でした。
HgA1cは前回と同じ6.4、血糖値も上手に管理していると褒められた。
ただ血圧が12月からずっと高めだと言うと、食事(塩分の摂りすぎ、鍋物が多いなど)や運動不足という事はないですか?と聞かれ、以前と変わらないと言うと、一度薬を飲んでみる?ということに。
アムロジピンという薬で、1錠でだいたい10下がるらしく、110〜120になったら飲むのをやめてくださいと。
朝食後に1日1錠だから、甲状腺のチラーヂンと一緒に飲めばいい。
まぁね、そう言われるだろうと思っていたからね。
先生いわく、高いことを気にして生活するより、薬で下げた方がストレスがたまらないしだって。


先日危ないメールが来た。
よくテレビで、年寄りがお金を騙し取られるといういわゆるオレオレ詐欺のことを言っているけど、あんなんに引っかかる人もいるんやなぁと思っていた。
自分が簡単に人を信用しないように気をつけていたら絶対騙されへんと思っていた。
なのにもうちょっとで騙されるとこだった私。 いや、お金を騙し取られるというんじゃなかったけど(そんな大金ないし)、危うく怪しいサイトにアクセスしてしまう一歩手前だった。
それはAmazonから来たメールで、「お客様のアカウントは強制停止されています。不審なお支払いが検出されました。取引注文を防ぐために個人情報を確認する必要があります。」と書かれていて、下にご請求金額26万いくら、クレジットカード払い、AmazonPay注文番号などなど・・・。
それで、クリックしたらAmazonにログインできるようになっていた。
26万って何それ? 誰かが勝手に私のアカウントで買った?
とあわててログインのところをクリックしようとして、ふと(私、AmazonPayって登録してない)と気がついた。
で、夫に「こんなメール来とんやけど、26万もクレジットカードで落とされたんやろか? それともメール自体が怪しい?」と見せた。
夫はちょっと考えてから「クレジットカード会社に確認したら? そもそもあんた、26万も口座にお金あるんか?」などと失礼なことを言う。
それよりもこのメールが怪しいんか? と言うと、そやな、クリックしたら変なサイトにいくんかもと言うので、あわててブラウザからAmazonにログインしてみた。
強制停止と書いてたのに普通にログインできて、履歴を見ても何も買われてないし、引き落としもなかった。
やっぱりあれはフィッシング詐欺やったんや! あのAmazonのログインをクリックしたらエライことになるとこやった。
後でネットで調べたら、私に来たのとそっくりのメールがフィッシング詐欺として書いてあった。
騙されへんと思ってた私が簡単に騙されそうになった。
自分もテレビと似たような年寄りなんやとつくづく思った。
でもAmazonに登録してるメアドが何でわかったんやろ?
いや、別にAmazonでなくてもどこでもよかったんか、ただランダムに手当たり次第メールを送信しただけで、たまたま私がAmazonに登録しているメアドだったという事か。



210109078.JPG
↑  日本水仙



210109042.JPG
↑ キセキレイ



210109044.JPG
↑ ハクセキレイ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント