クリニックへ

昨日と今日、早朝からパートに行きました。
朝6時からの仕事なので、トレシーバだけ打って朝食はなし。
仕事が終わって家に帰ったのが9時半なので、それからヒューマログを打って朝食にします。
こういう場合、朝食が遅いので、当然お昼にお腹がすかないわけで、昼食も食べずに2時か3時頃に適当におやつとか軽く食べて済ませるようになってしまう。 一日のヒューマログの量はいつもより少ないです。

金曜日にクリニックへ行きました。
HbA1cは6.4で問題なし。 夜就寝中の低血糖のことを聞いてみましたが、特に気にしなくてもいいだろうとのことでした。
ただ夕食前のヒューマログが4とかは少し多いかもと言われた。
というのも、グラフを見ると、食事したら普通は血糖値が上がるのに、平行とか逆に下がってる場合があるから。
食後にデザートとか食べる分も多めに打ってるつもりなんだけど・・・。(その方が安心して甘いものが食べられるから)
でもそれでも寝る前の血糖値が70~80の時もあったので、夜中に低血糖になるのかも知れませんね。
3時ごろにおやつを食べたい時、血糖値が高くなければヒューマログを打たないで、少しぐらい上がってもいいわと思って食べてる私。
以前に先生は0.5ぐらいでも打ってから食べたほうがいいよと言ってたけど、そうするとなぜか血糖が下がってしまう。
その対策として、食べる前ではなく、食べた後に0.5打てば下がり方が少ないらしい。
へぇ、それは知らなかった! 今までに食べたあとにヒューマログを打ったことがなかったので、そういうやり方もあるのかと学習しました。

それから、障害者年金について説明があった。
Cペプチド値(自分自身の膵臓から分泌されるインスリンの量)が0.3未満になると、障害者年金というのを申請できるんだそうです。
私は19年に測った時に1.0だったので、また次回にでも測ってみましょうと言われた。
障害者って、私そういう人?と、ちょっと考えてしまったけど、家に帰ってからもらった説明書を読んでみると、これは当てはまりそうもないと思った。
だって私は普通に生活できてるし、仕事だって普通にしてるもんね。障害者には当てはまらないでしょ?きっと。
とはいえ、今はそうでも、将来インスリンが枯渇したら、普通に生活もできなくなるんだろうか・・・と、ちょっと不安になりました。

通院のことですが、ずっと月に一度クリニックに行ってるけど、インシュリンを多めにもらって、2ヶ月に一度にしてもらうことはできますか?
と聞いてみた。 コロナも流行ってることだし、今回はけっこう待ち合いも混んでいた。(予約制ですが)
先生はちょっと考えてから、インシュリンを打ってる方はほとんどが1ヶ月ごとに来院しています、でもまぁ私はここんとこ問題もなく安定しているので、2ヶ月に一度でもいいと思いますけどね、と言われた。
とりあえず次回は1ヵ月後に行くけど、その後はそうしてもいいらしい。
しかし考えてみると、クリニックへ行って先生や看護師さんと話すのもいろいろ教えてもらえるし、精神的にもいいのかも知れないと思ったり。
コロナが収束してくれると問題ないんだけどな・・・。 いつになるのか予想もつかない。
早くワクチンができないと、このままでずっと減らないんだろうな。

  
 ↓ 早朝の散歩道の風景

200805 004.JPG


200805 006.JPG


200805 002.JPG


200805 008.JPG

"クリニックへ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: