夜の低血糖

今回は誤差なしのはずなのに、リブレの記録を見ると、夜寝ている間に低血糖になってることが多い。

200801 013.JPG

とはいっても自覚症状はないんだけど。(寝てるから気がつかないだけ?)
これまでも夜に赤く(リブレの記録)なってることはあったけど、それは誤差が50くらい低く出てたので、実際には低血糖ではないと思ってた。
じゃあ何で今も赤くなってるんだろう??
朝起きた時は90~100ぐらいに戻っていて、気分が悪いとかは全然なくて、普通にウォーキングに行ってる。
夜寝る前は80ぐらいの時もあるし、ちょっと間食しすぎて180ぐらいになってた時もあるけど、高くても低めでも追加でヒューマログは打ってない。
そのまま寝たら、起きた時には正常になってるから。
夏だからトレシーバをちょっと減らした方がいいのかなぁ?(ずっと4単位のまま)
でも私は朝食前にヒューマログと一緒にトレシーバを打ってるから、夜にはもう効き目が少なくなってると思うんだけど。
う~ん、今度クリニックへ行った時に聞いてみよう。

夏になると着る服に困る。
半袖になるから、袖が短めのTシャツだとセンサーが見えるから。
しかしこう暑くなってくると、短い方が涼しいしね。
なるべくセンサーを腕の上の方に付けるようにはしてるけど・・・。

やっと長い梅雨が明けたと思ったら、先日お風呂に入ってると庭からコオロギの鳴き声が聞こえてきた。
えっ?もう早やコオロギ? まだ8月に入ったばっかりやのに? 
一瞬蛙の声かと思ったけど、蛙はもっと低い声やし、だいたいうちの庭に蛙なんていない。
うちの庭は猫の額くらいの陽が当たらない小さな庭だけど、秋になるといろんな虫の声が聞こえます。
その声を聞きながら、ゆっくりとお風呂に浸かるのが好き。
そういえばセミの抜け殻も毎日庭のあちこちで見ます。
夜の間に羽化してるんやなぁと、ちょっと感動したり。
昔々子供が小学生だった頃、夏休みになると夕方にセミの幼虫を土の中から掘り出して家に持って帰って、カーテンにくっつけて羽化させたもんです。
私はセミが苦手だったので、内心「やめてくれ~!」と思ってたけど。
でも幼虫からセミになる様子、背中の殻が割れて、少しずつ緑っぽいセミが出てきて、クチャクチャだった羽根がだんだん伸びるのは神秘的でした。




200801010.JPG
 散歩道の川で食事中の鴨さんたち


200801 006.JPG



200801 010.JPG
 スズメの雛もまだいますね。 もう親鳥より大きくなってるけど、まだご飯催促してる?

"夜の低血糖"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: