首都感染

NHKラジオを聴いていたら、10年ほど前に出版された本が今のコロナの状況を予言しているという話をしていた。「首都感染」という本で、作者の高嶋哲夫さんがオンラインで武内陶子さんと話していた。今のコロナとは違い、本の中では鳥インフルエンザのことで、致死率60%という感染率。サッカーワールドカップで盛り上がっている中国で発生し、それを隠していたために世界中に広がってしまう。日本上陸は避けたいと、政治家…

続きを読む