首都感染

NHKラジオを聴いていたら、10年ほど前に出版された本が今のコロナの状況を予言しているという話をしていた。
「首都感染」という本で、作者の高嶋哲夫さんがオンラインで武内陶子さんと話していた。
今のコロナとは違い、本の中では鳥インフルエンザのことで、致死率60%という感染率。
サッカーワールドカップで盛り上がっている中国で発生し、それを隠していたために世界中に広がってしまう。
日本上陸は避けたいと、政治家や医師たちが奮闘するが、ついに東京でも感染者が出てしまう。
・・・というような話らしい。
前に小松左京さんの「復活の日」という小説が予言していると言われたけど、ここにも10年前に予言していた人がいたのか!
すごく気になったので、さっそく図書館へ行って借りてきた。
ちょっと読んだところ、今のコロナの状況とあまりにも重なる部分が多かったのにびっくり。
コロナもこれほどの致死率ではないけど、だんだんと感染者が増え続けている今、どのような対策をすれば封じ込められるのだろうか。




201115051.JPG



201115021.JPG



201115020.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント